トップページ

2008年6月

2008年6月27日 (金)

小竹向原駅の1・2番線の乗り場案内表示が改良変更される。




(上:改良前 下:改良後)

20日に小竹向原駅のホームの乗り場行き先方面表示板を見たところ、

1・2番線の表示が新しいものに再度変更されていました。

従来のものは1・2番線の行き先方面が兼用で表示されていましたが、

改良変更後のものは、見やすいように番線ごとに別々に表記されているように見えました。)

どうやら、副都心線渋谷方面と有楽町線新木場方面を間違そうになる方が続出したようで、一部では混乱が発生していたようでした。

4系統が交差する小竹向原駅、わかりやすい方面案内の方法を模索しているように思えました。


(2008年6月27日 写真追加)

2008年6月18日 (水)

副都心線4日間連続トラブル発生!.

開業から早4日間、連日トラブルが発生していました。
初日からダイヤ乱れが発生、
オーバーランや停止位置のずれなどのATOの調整不具合が発生、ドアが開かないなどのホームドアの不具合が発生してダイヤが大幅に乱れていました。

さらに、ポイント制御の切り替えミスや伝達ミスなどの指令側のミスや、さらに4日目には変電所の容量オーバーによる停電も発生して、連日ダイヤ遅れ状態が続いていました。

ちなみに、小竹向原駅で急行が2本とも停車していたり(1・2番線ともに停車ししていたのが急行だったことがあった。)して、東武車と西武車の副都心線渋谷行きの急行同士が並んたのを見かけたことがありました。

JR湘南新宿ラインと同様な形態にまで発展してしまった副都心線と有楽町線の路線ネットワーク
開業初期のトラブルが重り、さらに、複雑な路線ネットワーク状態が今回の混乱を大きくする原因にもなっているように思えました。

開業初日のダイヤ乱れで思い出しましたが、数年前のみなとみらい線開業とみなとみらい線と東急東横線直通開始の時には、開業当日の昼過ぎから、お客様混雑でダイヤ乱れが発生し、特急・急行の停車駅が臨時に変更されたりしてダイヤが大幅に乱れていました。(駅の混雑の影響で馬車道や日本大通り駅に特急が臨時停車したり、きっぷうりばが大混雑して、乗車駅証明書(着駅精算の乗車票)を配ったりして着駅での精算の対応を取っていたりしていた。)

今回の東京メトロ副都心線も、初期システムトラブルなどが累積したりして、みなとみらい線開業当初と同様にダイヤ乱れと混乱が発生していたと思われます。


運転状態が安定してくる1~3ヶ月後の改善に期待したいと想います。

2008年6月15日 (日)

東京メトロ副都心線ついに開業!!

東京メトロ副都心線が6月14日ついに開業しました。
開業2日目に調査に行ってきましたが、初期の不具合等が発生していたのか、ダイヤが乱れていました。

池袋駅では丸ノ内線への新連絡通路がオープンしています。


(ホーム階の雑司ヶ谷方にある。連絡通路エスカレーター)


(連絡通路への階段)

渋谷駅では、開業初期ともあって人出がかなりありました。

最後に渋谷駅で撮った写真を2つほど...


2008年6月13日 (金)

東京メトロ副都心線いよいよ開業

いよいよ明日6月14日に副都心線の池袋-渋谷間が開業します。

開業に先立ち、13日には、開業記念式典(開通式)がおこなわれました。

なお、式典の様子は、報道各社によって副都心線開業のニュースとして報じていました

情報出展:(Yahoo!Japanニュース:「副都心線 14日開業 池袋、新宿、渋谷の3大エリア結ぶ」<毎日新聞社配信>)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000006-maip-soci

なお、新規開業区間の開業一番電車は池袋駅では5時6分発の各停渋谷行き、渋谷駅では5時5分発の各停和光市行きです。

また、開業記念一日乗車券が発売され、大人・小児券ともに10000枚ずつ発売されます。

また、副都心線沿線でも開業記念イベントが沿線各地でおこなわれ、沿線は、開業祝賀ムード一色といった様子です。

2008年6月 8日 (日)

副都心線池袋駅の現況(6/8)

開業を6日に控えた、6月8日
副都心線池袋駅の現在の状況を調査してきました。



地下3階ホームの雑司ヶ谷方に通路が出現、現在はシャッターが下りていますが、位置関係からすると、丸ノ内線連絡通路への階段があると想われます。
また、ホーム中程にも階段が増設され、同様にシャッターが下りていました。
開業と同時に使用が開始される模様です。





また、発着案内の電光掲示板も交換され、3段表示のタイプの物がおみみえました。
調査した時点では、ちょうど調整がおこなわれていて、作業員がフタを開けて電源を入れて動作の確認をおこなっていました。

この時点では、一部の表示器のみ通電していました。

真ん中の写真は、カバーを開けてさらにLED表示器を倒して制御回路を見た様子です。

ちなみに、「渋 谷」の表示が出ていたので、現時点では試運転暫定ダイヤの設定が暫定的にされているようです。

なお、放送が新しくなり、銀座線タイプに近い放送に変わりました。和光市-小竹向原駅と有楽町線と副都心線の池袋駅で更新を確認しています。




また、副都心線仕様の駅名標に交換されています。
線路側の方は5月末時点でほぼ交換が完了しており、
ステーションテーマカラーは、「エネルギーと芸術の自由さ」からカンバスの色を連想される白系の色が設定されています。

ホーム側の表示は6月に入って交換されたようです。
なお、掲示板一体型の駅名表の設置はまだされていませんでした。

副都心線向け8両編成表示が開始される。



副都心線の開業を1週間に控え、8両編成表示が開始されました。
7000系改造車に「8CARS」のステッカーが貼られました。
まるで、8連化直後の武蔵野線を想わせるようなデザインですが、10両編成と8両編成が混在するので、識別しやすいように、ステッカーを貼ったようです。

また、東武管轄の和光市駅にも、8両編成の停車位置の表示が追加され、床には「8両編成電車これより先にとまりません」の表示が追加されました。

地下駅でも、「8両編成の電車はこの先に止まります」の表示が追加されています。

2008年6月 2日 (月)

西武6000系改造車のLED表示器に小変化が・・・・・




副都心線対応の西武6000系改造車のLED行き先表示器(方向幕)が最近になってソフト更新されたらしく、前面の表示等に変化がありました。
まずは、前面の表示が、日本語と英語表示の交互表示から2段表示に変更になりました。また、有楽町線内では、「普通」表示に代わり「各停」の表示が始まりました。
なお、側面表示は以前と変わらず、日本語と英語の交互表示のままです。

6106Fで確認しましたが、
副都心線の急行・通勤急行・有楽町線準急対応化にともなう変化のようです。

2008年6月 1日 (日)

有楽町線・副都心線情報速報・特集ブログ始動!

6月4日のリニューアルに先立ち、「有楽町線・副都心線情報速報・特集」ページに換わり、6月1日から有楽町線・副都心線情報速報・特集ブログを開始いたしました。

速報はもちろん、コラムなども掲載していきますのでよろしくおねがいします。

トップページ